ネットショッピングをする時にAmazonをメインで利用している方は多いのではないでしょうか?『Amazonを利用したいけど、クレジットカードがなくて不便』という方には、Vプリカの利用がおすすめです。

楽天カードのようなクレジットカードのポイント還元などはありませんが、最初にお金をチャージするだけでVISAデビットカードのようにネット上のVISAカード利用可能なサービスを使うことができます

今回はそんなVプリカのAmazonでの利用法を詳しく説明していきます。

 

VプリカはAmazonで使えるの?

VプリカはAmazonのサイト内ショッピングにて利用することが可能です。

Amazonプライムの年会費支払設定はVプリカでできるの?

Amazonプライムのように継続的に年会費が自動で引落しとなるものは、Vプリカでの支払はできません。

初回Amazonプライム無料体験がVプリカの登録でできたとしても、後日エラーメッセージが届き利用不可になってしまいます。

Amazonプライム会員情報を登録し年会費を支払うには、クレジットカードau WALLETプリペイドカードのどちらかが必要になります。

米amazonUSA(アメリカ)は日本からVプリカで使えるの?

米amazonUSAにてお買い物をしたい場合には、クレジットカードの利用が必須ではありますが、Vプリカでもお買い物が可能です。

ただし、Vプリカは加算(チャージ)などで、カード番号が変わってしまうこともあります。その場合、アカウントがロックされ注文がキャンセルされてしまうなどの問題が発生してしまいますので注意が必要です。

コンビニで購入したVプリカはAmazonで使える?

コンビニ端末で購入手続きをしたVプリカももちろんAmazonで利用可能です。

コンビニで支払を済ませた後に発行コードを受け取り、Vプリカ公式サイトにある「Myページ」から発行コードを入力し、Vプリカを発行してから利用してください。

VプリカをAmazonで使う方法と手順

それでは実際にVプリカをAmazonで使う方法と手順を説明していきます。

まずは、Vプリカのカード情報を確認しておきましょう。

Vプリカ公式サイトの「Myメニュー」のメイン画面にある「カード情報」をクリックし、利用するプリカを選択して「確認」をクリックすると、カード情報が見れます。この画面は開いたままで、Amazonでの買い物を始めます。

  1. Amazonにて欲しい商品をクリックし「カートに入れる」→「レジに進む」をクリック
  2. 「注文内容を確認・変更する」の画面にある「支払方法」の「変更」ボタンをクリック
  3. 「お支払い方法を選択」画面の「クレジットカード」の項目にある「カードを追加」をクリック
  4. クレジットカードの入力フォームが現れるので、ここにVプリカの情報を入力していきます。
    ちなみに各入力項目は下記の通り入力してください。

    • カード名義人:Vプリカのニックネーム
    • カード番号:カード番号
    • 有効期限:月/年

    入力が完了したら「クレジットカードを追加する」をクリックします。

  5. 「支払方法を選択」の画面で登録したVプリカにチェックマークが入り選択されていることを確認する。
  6. 「請求先住所を選択してください」という画面になるので、該当する住所と電話番号の下にある「この住所を使う」をクリックします。(別で請求書が送られてくることは基本的にありません。)
  7. 注文の最終確認画面が表示されるので、「注文を確定する」をクリックします。
  8. 「注文が確定されました」の画面がでれば購入完了です。

Vプリカの残高が引かれ反映されるタイミングはいつ?

Vプリカを利用して商品を購入した場合、Vプリカの残高が引かれて反映されるタイミングは、支払承認の段階となります。

これは通常、商品発送のタイミングで引落しとなるクレジットカードに比べると早い段階での引落しになります。そのため、もしもカード承認後に購入代金などの変更があった場合には再度承認が行なわれ、いったん二重で引落しが行なわれます。

この場合、変更前に決済された分に関しては後日返金というかたちになりますが、返金にはかなりの日数を要する可能性があります。

そのため、Vプリカでのお買い物は、購入時の情報に誤りがないかを決済前にしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

Amazonギフト券に交換し残高を使い切ろう

Vプリカを利用していると徐々にチャージ金額が減ってきて、最終的に使い切れないような細かい金額になってしまうことってありますよね?

Vプリカを新たにチャージしてもいいのですが、購入には手数料がかかってしまいます。(補足としてライフカードを利用すると、特典利用としてVプリカ購入手数料が無料になります。)

しかし使い切れずに端数の金額入りのVプリカを3ヶ月以上放置してしまうと休眠カード維持費として毎月25日に125円ずつ引き落とされしまいます。

「気がついたらVプリカに残高がない!」なんてことにならないように、Amazonギフト券に交換しちゃいましょう!

Amazonギフト券とは?

Amazonギフト券(Amazonギフトカード)とはAmazonで販売している全ての商品に利用できるギフトカードです。

Amazonギフト券には、カードタイプやシートタイプなどのさまざまなタイプのギフト券がありますが、Vプリカの端数を利用したい場合には、15円〜50万円までの好きな金額が設定できるEメールタイプがおすすめです。

今回はこのAmazonギフト券Eメールタイプを利用してVプリカの残高を使い切る方法もご紹介します。

VプリカからAmazonギフト券への交換手順

  1. まずはAmazonの中で「Amazonギフト券 Eメールタイプ」を検索し、商品を見つけます。
  2. 「Amazonギフト券 Eメールタイプ」の中の好きなデザインを選択し、クリックすると自分の好きなようにカスタマイズできる詳細画面が表示されます。
  3. 「1 タイプを選ぶ」で好きなイラストやアニメーションを選択し「2  詳細を入力する」の「金額」の項にある一番右側の空欄にVプリカの端数の金額を入力する。
  4. 誰かにプレゼントする場合などはその他の項目も入力しますが、自分用の場合にはメールアドレスの欄に自分のアドレスを入力し「レジに進む」をクリックし、Vプリカにて決済して購入完了です。
  5. 決済が完了すると、登録したメールアドレスにギフトコードが明記されたメールが届きますので「アカウントに登録する」画面をクリックしギフトコードの登録ページへ移動します。
  6. ギフトコードの登録ページにて「アカウントに登録する」ボタンをクリックする。
  7. 「¥〇〇のAmazonギフト券がお客様のアカウントに登録されました。」と表示されれば登録完了です。

VプリカとAmazonギフト券との併用は可能?

VプリカとAmazonギフト券を併用しての支払も可能です。ただし、利用には条件があり、原則Amazonギフト券の残高を全て使い切らない限り、Vプリカを利用することはできません。

たとえば2000円の買い物で、2000円分残高のあるAmazonギフト券から1000円だけ支払って、残りの1000円はVプリカでの支払ということはできません。

2000円の買い物で、1000円分残高のあるAmazonギフト券を利用し、残りの1000円分をVプリカで支払うということは可能です。

vpricaVプリカとAmazonギフト券を利用した商品の購入方法

それでは、VプリカとAmazonギフト券を併用した商品の購入方法を説明します。事前にAmazonギフト券のアカウント登録とVプリカのカード情報を登録しておいて下さい。

  1. まずは、購入したい商品の画像をクリックし「カートに入れる」→「レジへ進む」をクリックします。
  2. 「注文内容を確認・変更する」の画面にある「支払方法」を見ると、Amazonギフト券が優先的に選択されています。
  3. ギフト券で足りていない金額が「ご請求金額」として現れますので支払方法にVプリカを選択し、注文を確定すれば完了です。

Q&A


AmazonでのVプリカの利用法やAmazonギフト券を使ったVプリカの利用法などをご紹介してきました。ここからはAmazonにおけるVプリカ利用時のよくある質問をまとめてみました。

Vプリカで購入した商品をキャンセルしたらどうなる?

Vプリカで購入した商品がキャンセルされた場合も、基本的には他の支払方法同様に、購入代金を返金という形になります。

vprica返金はどうやってされるの?

Amazonにてキャンセル手続きを行なうと、Amazonにて返金処理が行なわれ、購入取り消しメールが届きます。その後、Vプリカの会社側にデータが届き、Vプリカに課金という形で返金されます。

vprica返金はいつ反映される?

返金が反映される日数ですが、状況により時間がかかってしまう場合がありあります。

  • 商品未発送でキャンセルの場合…返金までにおよそ60日ほど
  • 商品発送済み分を返品してキャンセルした場合…返金までにおよそ3日〜2週間ほど

商品が相手先から発送されていない状態でキャンセルをすると、Vプリカに返金されるまでに2ヶ月以上かかってしまいます。

そのため、どうしてもキャンセルしたい場合には、いったん商品を発送してもらった方が返金までの時間を短縮できます。

しかし、配送料は自分の負担になりますので、時間か費用か優先する方で決める必要があります。また在庫切れなどでキャンセルの場合には、返金手続きが完了するまで待つしかありません。

AmazonでVプリカの足りない分を現金などで支払うことはできるの?

Amazonでのショッピングで決済方法をVプリカにしたのに、チャージ金額が不足している場合、残念ながら足りない分を現金などで支払うことはできません。

Vプリカの端数を利用して買い物をしたい場合には、Vプリカの残高を一度Amazonギフト券に交換する必要があります。

Amazon EC2の支払にVプリカは使える?

Amazon EC2などのウェブデバイス購入のような、ダウンロード販売商品の支払にもVプリカは利用できます。決済方法にクレジットカードを選択しVプリカの情報を入力してください。

他にもオンラインゲームなどの課金にも利用可能です。

kindle UnlimitedでVプリカは使える?

kndle Unlimitedは、いつでもどこでも本が読み放題になるという読書愛好家にとっては最高のサービスですが、kindle Unlimitedのような、月々の利用料が継続的にかかるものにはVプリカを利用することができません。

たとえ初回でVプリカにて登録ができたとしても、Vプリカを課金するタイミングでクレジット番号が変わってしまいますので、継続的に利用することはできません。

「クレジットカード番号が正しくありません。」と表示される原因と対処法

Amazonで買い物をしようとして、Vプリカで決済をしようとしたタイミングで「クレジットカード番号が正しくありません。」と表示されてしまうことがあります。

vprica原因とは?

Vプリカのカード情報が、Amazonに正しく入力できていない可能性があります。

vprica対処方法

各入力項目は下記の通りです。

  • カード名義人:Vプリカのニックネーム
  • カード番号:カード番号
  • 有効期限:月/年

特に注意してみて頂きたいのは、「カード番号」です。

カード番号とは、Vプリカ公式サイトの「Myメニュー」のメイン画面にある「カード情報」をクリックし、利用するプリカを選択して「確認」をクリックした時に表示される13桁の番号です。

カードイラストの中に入っている16桁の番号はダミーでカード番号ではないので注意しましょう。

「クレジットカード会社からの承認が得られておりません」とメールが届いた場合の原因と対処方法

AmazonでのショッピングでVプリカにて決済をした時に「クレジットカード会社からの承認が得られておりません」とメールが届くことがあります。

vprica原因とは?

Amazonでお買い物をした商品に対して、Vプリカのチャージ金額が不足している可能性があります。

「Vプリカの購入代金はちゃんと入れたはず。」という方の場合は二重で決済が行なわれ、「購入代金×2」の金額が引き落とされる手続きになっており、Vプリカのチャージ金額不足と認識されている可能性もあります。

カード承認後に購入代金などの変更があった場合には、再度承認が行なわれ、いったん二重で引落しが行なわれてしまうため、チャージ金額不足の場合は、二重決済が原因となってこのようなメールが届きます。

vprica対処方法

このような場合、重複している金額分の返金処理が行なわれますが、返金には日数がかかります(2日〜2ヶ月以上)。そのため、決済を別のVプリカで行なうか、新規でVプリカを購入するかのどちらかになります。

Amazonギフト券からVプリカにチャージする方法はある?

Amazonギフト券からVプリカにチャージする方法は残念ながらありません。Vプリカの支払方法は、コンビニでの現金払い、もしくはインターネットにてクレジットカード決済インターネットバンキングでの支払のみとなります。

VプリカよりGAICAがもっとお得で便利!

弊社でとりあげている通り、Vプリカはとても便利で使いやすくプリペイドカード業界でもトップクラスです。

しかし、

最近プリペイドカード業界で注目を浴びている『GAICA』というカードが急成長を遂げており、ユーザーの間で『便利でお得!』と話題になっています。

これまではライバル不在によりVプリカの独占市場でしたが、 新生銀行グループが発行する『GAICA』の参入によって立場が逆転傾向にあるのです。

GAICA申し込みはコチラ

VプリカとGAICAのスペック比較

VプリカGAICA
年齢制限18歳以上満13歳以上
年会費無料無料
入会金無料無料
チャージ手数料1回200円ほど無料
海外現地ATM引き出し手数料対応なし為替手数料:4%
ATM手数料:200円/1回
審査不要不要不要
提出書類なし本人確認書類
発行期間即日1週間以内
実店舗利用不可可能
匿名可能不可

VプリカとGAICAの違いをメリット・デメリットで比較!

①GAICAは満13歳以上から入会可能で親バレを回避できる!
②チャージ手数料が発生しない!
③実店舗でも使える!
④海外ATMで現地通貨の引き出し可能!
⑤余ったチャージ金は口座へ自由に戻せる!

①GAICAは満13歳以上から入会可能で親バレを回避できる!

プレイペイドカードを利用する目的の1つとして、ゲームアプリ等の課金があります。

Vプリカは未成年の利用を禁止しているのに対し、GAICAは13歳以上から利用できるため『親にバレずにアプリ課金したい…!』という未成年の方でも利用が可能なのです。

②チャージ手数料が発生しない!

Vプリカは1回チャージする毎に200円ほどの手数料が発生します。

例えば1,000円分チャージしても、実際に使えるチャージ金額は800円になってしまうのです。

しかし、GAICAはチャージ手数料無料なので損せずに使い倒すことが可能です。

③実店舗でも使える!

Vプリカはインターネット上のVisa加盟店のみ利用ができるため、実物カードは存在せず実店舗での利用もできません。

しかし、GAICAなら国内外問わずインターネット・実店舗のVisa加盟店で利用可能なので使える幅が広くクレジットカードと同じ感覚で利用可能です。

④海外ATMで現地通貨の引き出し可能!

渡航先の空港や街中で行列に並び、言語もわからない不安の中で両替せずとも、GAICAカードがあれば海外現地ATMで現地の通貨を引き出しすることが可能です。

為替手数料はどの国でも一律4%となっています。

⑤余ったチャージ金は口座へ自由に戻せる!

余って使いきれなかったお金は、Vプリカの場合使い切るまたは捨てるしか選択肢がありません。

しかし、GAICAなら余ったチャージ金も口座に戻すことができるので損せずに使い倒すことができます。(海外の現地通貨も日本円で口座に戻せる)

こんな方にGAICAがオススメ!

  1. 親バレせずにアプリ課金したい!
  2. 手数料無料で損せずノーリスクで使いたい!
  3. 海外渡航先や実店舗でも利用したい!

今なら期間限定5,000円分のチャージ金をプレゼント中なので、キャンペーン期間中にお試しで申し込みしておきましょう!(50,000円チャージで5,000円分プレゼント)

GAICA申し込みはコチラ

 

まとめ

今回はAmazonでのVプリカの利用方法について紹介しました。

Amazonでのお買い物はクレジットカード決済がメインになることも多いので、クレジットカードをお持ちでない方にはVプリカは大変便利に利用できるアイテムです。

Vプリカを上手に利用して、もっとAmazonでのお買い物を楽しんじゃいましょう!